• 永代供養墓のはたす役割

    最近の少子化、核家族化等により家を継ぐ者がいなくなったりして、従来継承されてきた家の墓を受け継ぐ人がなくなることを背景に永代供養を考える人が多くなりました。永代供養墓とはお墓参りができない人に代わって、またはお墓参りをしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任をもって永代にわたり供養と管理をしてくれるお墓のことです。一般に他の人と一緒の墓あるいは同じ納骨室等にに安置されることから、合祀墓、合同墓、合葬墓等とも呼ばれます。一般の墓と違うのは、お墓参りをしなくてもお寺が責任をもって永代にわたり供養と管理をしてくれること、お墓を建てるのに比べて費用が低く抑えられること、一式料金を一度支払えば、その後の管理費等は不要になることです。

    BIGLOBEニュースの情報をお知らせいたします。

    造りは、一般のお墓を大きくした形で地下あるいは半地下にお骨安置用の納骨室・納骨棚をつくり、その上に仏像、仏塔、碑などを建立した屋外にある墓、お骨安置用の納骨室をつくりその下に合祀用スペースを設けた墓、合葬墓を備えた納骨堂、あるいは一般のお墓と同じ様に夫婦墓など個別の墓などのタイプがあります。



    納骨された人の名前等の記録は石板の墓誌に刻字されることが多いです。
    永代供養墓の費用は、一般に永代供養料、納骨法要のお布施、墓誌に納骨者名などを彫る費用が一体で一式料金とされ、10万円から100万円以上するところまで様々です。、最初から土に還す合祀であれば1体10万円、お骨を一定期間安置する形なら30~50万円が平均的な額といわれています。

    デメリットもあります。



    形によっては一度納骨すると他人のお骨と一緒になり、二度と取り出せないことです。

    残された者にとってはお墓を維持管理していくことは確かにある程度の労力と時間を要するものですが、故人との絆や家族・親せき同士の絆を育む機会でもあるので永代供養墓の選択にはその形式、内容をよく確かめてきめたいものです。