• 散骨を希望する場合に注意したいこと

    散骨に興味を持つ人は徐々に増えており、既存のお墓に関する概念にとらわれずに安らかに眠りたいと散骨を希望する人も増えています。
    海や山などに散骨させてくれるというサービスを提供する企業もあります。ただ、現状においてはまだ法整備やルール作りが追い付いていない状態ですので、場合によってはトラブルの原因になってしまう点には注意が必要です。



    まく側からすれば「自分の大切な家族の希望にそって、まいてはいけないの?」と思うかもしれませんが、第三者からすれば「人様のお骨や遺灰がまかれている」という状況は誰しもが受け入れられるものではありません。

    また、漁業や農業、林業を生業としている人からすれば「多くの人が好き勝手にまいてしまうと、商売に影響が出る恐れがある」として迷惑に思う可能性があります。
    また個々の心因的な理由だけではなく、見た目に骨と分かるものが発見された場合、警察が捜査に乗り出す騒ぎに発展する恐れがあります。
    それが適切に処理された骨なのか、何らかの事件や事故にあって亡くなった方なのか判別ができないからです。



    このため散骨を希望する場合は、散骨に適した場所まで連れて行ってくれる企業のサービスに申し込むか、人目には分からないごく少量をまくような配慮が欠かせません。お墓という狭い空間に閉じこもりたくないという故人の願い、あるいは閉じ込めたくないという遺族の気持ちは最もなことですが、第三者に迷惑になる可能性もある点を踏まえて、気持ちよく済ませられるように対応することがおすすめです。

    ガジェット通信関連情報を解説します。