• 海洋葬のプロセスについて

    海洋葬は自然葬の一種で、その名の通り遺骨を海に散骨するというものです。


    なお、現在の日本の法律では海洋葬に関する明確な規定は存在しませんが、事前に地元の自治体に確認を取った上で周辺環境に配慮して行うことが望ましいです。

    海洋葬を行う際には、一般的に人目につかない海上まで行く必要があります。


    そのため、ある程度の船速を有する船を用意することが望ましいです。

    また、遺族が揃ってセレモニーを行えるようにデッキのある船が良いでしょう。



    海洋葬を行っている業者は日本全国に複数存在しますが、利用するにはまず申し込みをする必要があります。

    livedoorニュースの情報を集めました。

    この時、施主の身分証明書及び各社が定めた書類などが必要です。葬儀が終わった後、埋葬をせずに散骨する際には埋葬許可証も必要となります。



    手続きは故人が住んでいた地域や本籍地の役所で行えます。埋葬されている遺骨を散骨するのであれば、改葬許可証が必要です。
    まず墓地管理者に納骨証明書を発行してもらって、それを役所に持って行くというプロセスが必要となります。遺骨は海に散骨する前に、業者によってパウダー状に粉骨されます。その方が早く自然に還りやすいからです。


    粉骨には一般的に工業用の粉砕機が用いられることが多いですが、遺骨に刃を使うことを失礼と捉え、刃の付いていない機器で粉骨を行っている業者も存在します。


    散骨が行われた後は、業者から散骨証明書が送付されてきます。


    また、委託散骨を行っている業者も存在します。