• 永代供養墓の良さについて

    永代供養墓とは、お墓参りを出来ない人、あるいはお墓参りしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が責任を持って永代にわたり供養と管理をしてもらえるお墓のことを言います。

    livedoorニュース情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

    一般のお墓と違う点は、お寺が代わりに供養や管理をしてくれる他に、一式料金を一度支払えばその後管理費やお布施、寄付金がかからないことがあります。


    また、一般的に他の人と一緒に同じお墓、または納骨堂に安置されるので、墓石代がかからないし、墓地使用料が割安になります。

    さらに、過去の宗旨宗派は問われないし、こだわる必要もありなせん。

    永代供養墓の供養方法はお寺にもよりますが、毎年の春と秋のお彼岸やお盆に合同供養を行う、年に一回あるいは毎月供養、毎年祥月命日も供養、回忌供養も供養などがあります。

    永代供養墓の料金については、永代供養料、納骨法要法のお布施、刻字料で一式料金とされています。



    永代使用料、永代管理料、納骨料は含まれています。
    ただ各お寺によってまちまちで、10万円のところもあれば、100万円以上もするところもあります。

    神奈川の永代供養墓についての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

    現代は少子化や核家族化が進んで、また居住地も同じ場所に留まる割合が減るなど、代々お墓を継承するのが難しいケースが増えています。
    遠方でなかなかお墓参りができない人や、高齢の為にお墓に行けない人もいます。

    永代供養墓は、このようなお墓の問題を解消してくれる良さがあり、近年では様々な新しいお墓のスタイルとして広まりつつあります。